ダポキセチン配合の医薬品はジェネリックがお得です。もちろん、先発医薬品の方が安心と信頼があるから、と購入される方もいます。ですが、先発医薬品はその分お高いです。なので、ダポキセチンが配合されているジェネリック医薬品で安く早漏を克服しましょう

ダポキセチン配合の医薬品はジェネリックがお得!

ダポキセチンで彼の感覚は鈍くならない?

ダポキセチンは抗うつ剤の成分として有名でしたが、今はプリリジーなどの早漏防止薬にも用いられています。
亀頭の感覚をそれほど損なうことなく早漏を解消できるのが特徴です。
スプレーなどの直接塗りこむタイプだと、彼の感覚が鈍くなるのではないかと心配する女性は多いでしょう。
スプレーやクリームなどは女性も影響を受けるので、女性自身が感度が鈍くなると感じるようなら、男性も同じような状況にあると考えていいでしょう。
女性の性器がヒリヒリする状態なら、男性の性器も同じような状態にあるはずです。
早漏を防止するためには、亀頭の感度を鈍らせるのが確実なのです。
ただ、この方法だと快感が極端に弱くなってしまうので、セックスをする楽しみが半減してしまうでしょう。
彼はもちろん女性自身も快感が半減するので、セックスへの興味も薄れていくことが多いです。
ダポキセチンは脳に作用する薬なので、性器の感覚にはそれほど影響は受けないのです。
ただ個人差があり、ほとんど影響を受けないと感じる方もいますし、快感が減退するという方もいます。
実際に服用して効果を確かめてから、用量を調整するなどの工夫が必要になるでしょう。

早漏防止のために大切なのは、感度を維持することなのです。
快感が減退するようでは意味がないので、男性自身もオナニーのやりすぎには注意しましょう。
ダポキセチンの場合は、女性にはまったく影響を与えません。
ただ男性自身の快感が減退してしまうと、男性がセックスに対して関心が薄れてしまう可能性があります。
オナニーの頻度を週に2回程度に抑えておけば、セックスの興奮を高めることができます。
射精の頻度が多いほど、興奮や性欲も溜まらないものです。